相続への想い


遺族のために残された遺産の奪い合いで親族に亀裂が走り、縁が切れることは本当に悲しいことです。 
 
ですから私は相続に対して強い思いを持って取り組んでおります。
 
そういえば!!

「祖父の名前の土地が、曾祖父の名前の土地が」と気づかれたことはないですか?農地や山林の中には何代にも渡って管理されてきたのに、慶應など江戸時代末期に生まれた方の名前がそのまま登記簿にあることも珍しくありません。

そのままにせずに相続の手続きをしてみませんか?
相続とは、もちろん財産のことが念頭に浮かびますが、今生きている貴方のルーツをたどる旅でもあります。これまで思いもかけなかった人々にたどり着くこともあります。

放置されている相続手続きは後になるほどより複雑な人間関係が出てきます。
当事務所はあらゆる相続手続きを経験してきており、絡まった遺族関係を時間をかけてひとつひとつ紐解きながら、そして時には裁判所を介して有効な手続きも行ってまいります。

どうしよう!!
相続人が全国に散らばっていてどうして良いかわからない!国外に在住している場合はどうすれば良いの?
そんなお悩みも、これまでの経験から具体的なお手続きをご説明いたします。
また、株券や預貯金の名義変更手続きについても、それぞれの手続きを代行させていただいた実績が多数ございます。

まずはどうしようと悩まずに、ご連絡をくださいませ。

宮崎相続遺言相談センター
湯浅敏幸司法書士事務所
代表  湯浅 敏幸